医療レーザー脱毛とは?

脱毛への不信感

脱毛に対して不信感をお持ちの方も少なくないようです。しかし脱毛は適切な施設・器械で行うと安全確実にできるのです。医療レーザー脱毛は適切なエネルギーでレーザー照射して毛包を破壊します。一度破壊された毛包からは二度と毛は生えてきません。即ち永久脱毛されるわけです。また医師の管理のもとに脱毛を行いますので、ヤケドなどの肌のトラブルの心配も無用です。たとえ肌のトラブルが生じても医師の適切な診断・治療を速やかに受けることができますので安心です。岡山市でダイオードレーザー【ライトシェア】とフォトRF【オーロラ】の組み合わせで永久脱毛を行っているところはgdm clinic Refeeだけです。また男性のヒゲ・腕などの脱毛も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

レーザー脱毛の原理

脱毛の達人(レーザー永久脱毛)

レーザー脱毛は、黒い色素(メラニン)だけに集中する波長のレーザーを利用したもので、これを照射するとレーザーエネルギーは皮膚の表面を通過して毛根に集中し瞬間的に高熱を生じます。この高熱で毛根に接している毛包や毛乳頭を焼灼破壊するのです。適切な照射がおこなわれると熱のために毛穴に一致した浮腫が発生します。

ところが、メラニン色素は毛根だけではなく皮膚全体に散在しています。毛根以外のメラニン色素の温度を上げずに毛根のメラニンだけを焼灼するためには、レーザー光線1発の持続時間が1000分の10秒以上必要で、これをロングパルスといいます。尚、岡山で医療レーザー脱毛を行っている医療機関は何箇所かありますが、全ての医療機関がロングパルスのレーザーによる脱毛を行っているとは限りませんので、器械選びは慎重になさってください。

毛の周期

脱毛の達人(レーザー永久脱毛)毛の周期毛は知らない間に抜け落ち、また生えてきますが、このサイクルのことを毛周期と言います。毛が生えて抜ける時期はすべて同時ではなく、伸びる速度や長さは部位によって異なります。毛周期は成長期・退行期・休止期の3期に分かれています。毛包に破壊するためには、毛包に毛根が接している状態でないといけないので、休止期の毛穴にレーザー照射しても脱毛効果がでません。目に見えている毛は毛穴総数の3分の1くらいにすぎません。ですから1回の照射で全ての毛を脱毛することは不可能なのです。

ページの先頭に戻る

クリニック紹介

名称 gdm clinic
所在地 岡山市北区下中野356-101 スプレンドーレ下中野1階A
院長 森谷 宜朋
診療科目 皮膚科・内科
診療時間 9:00~12:30 / 15:00~18:00
(土曜は9:00~12:30のみ)
休診日 日曜、祝日
電話 086−239−9541
<完全予約制>
※女性専用のため男性の脱毛は行っておりません
E-mail otoiawase@gdm-clinic.com

院長紹介

院長

森谷 宜朋(もりや よしとも)
岡山大学医学部卒

妊娠体質になりたい人は、肉をたべなさい。

肉食女子の肌はなぜきれいなのか?